新年あけましておめでとうございます2019年になり、新たなシーズンが3月から始まります。与田新体制に変わり常勝軍団復活が期待されるドラゴンズですが、やはり各選手の底上げが必要になってきます。そこで、しばらくの間今シーズンのキーマンとなるであろう選手をピックアップしていこうと思います。第1回目の今回は2017年シーズンに新人を獲得し、去年は2年目のジンクスに悩まされ苦しんだ京田選手に注目していきます。


昇竜復活へ、与田新監督のもと優勝を目指してこれから戦っていくドラゴンズですが、今年のキーマンとなりそうな選手としてシュートの京田選手をピックアップします。打撃と守備の面でドラゴンズが上位へ行くためには活躍が必要な選手です。

昨シーズンは守備に関しては記録には残らないミスはあったにしろ、規定に達したセリーグのショートの中では失策数の少なさでチームに貢献していましたが、打撃は物足りない結果に終わってしまいました。一年目よりもヒット数が少ないだけではなく三振が多く四球が少ないため規定打席に達した選手の中でも最低の出塁率という結果に終わっています。

守備面でも攻撃面でも京田選手は今後のドラゴンズが優勝を目指して戦っていくにあたって重要な選手の一人です。今年は昨シーズン同様にセリーグ1の失策数の少なさを目指しつつ、打撃に関してはしっかりと見極めができるようにして四球を選べるようにし足を活かした攻撃ができるようさらなる進化を期待したいです。

ドラフト1位で根尾選手が入団することになり、ショートの定位置争いになることが予想されますが、この2年間ショートのレギュラーとして守ってきた意地を見せて欲しいなと思います。おととしや去年よりもさらに進化し、ドラゴンズをAクラスだけではなく優勝、そして日本一へ導いてくれることを期待します。

にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ
にほんブログ村