平成から新しい元号へと変わる2019年。ドラゴンズも黄金時代を築いた岩瀬・荒木・浅尾が引退し、新しいチームへ変わろうとしています。与田新監督のもとリーグ優勝、そして日本一へ。復活のためには各選手の底上げが必要不可欠です。昇竜復活へキーマンとなる選手を取り上げるシリーズ第5回は、昨年初の規定打席に到達した選手会長福田永将選手です。

同じサードを守る周平と福田を同時に起用するためにはどうしたらいいのか。首脳陣が導き出した答えは周平のセカンドへのコンバートです。その結果昨シーズンはサード福田セカンド周平での起用がほとんどで、二人とも初の規定打席到達になりました。しかし、もの足りない成績だったことは確かです。

高卒でドラゴンズに入団した福田選手は今年で○年目です。そろそろいい加減に不動のレギュラーになってもらわないとドラゴンズの復活はまず難しいと考えています。今年は守備面でいえばやらかす回数を減らし、打撃に関してはもっと確実性を高めてたくさんホームランを打ってほしいです。

根尾選手の加入で今後内野の競争が激化することが考えられます。福田選手のパワーをしっかりとアピールし、今まで以上の結果を残して自分だけのポジションを掴み取ってほしいです。

にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ
にほんブログ村