2018年06月

全国高校野球選手権大会の西愛知大会と東愛知大会がついに開幕!

6月も終わりを迎え、関東地方では平年よりも早く梅雨が明けたようです

今年は梅雨らしい梅雨ではなく、雨があまり降らない空梅雨という印象ですが、8月に水不足にならないか心配になってきます

7月になっていよいよ夏本番です!

夏といえばやはり高校野球!

甲子園への切符をかけて都道府県大会が行われますが、愛知県は今日から始まります

そこで、今回はどの学校が甲子園の切符を手にするのか予想していきます!

今年は記念大会ということで、尾張地区と名古屋地区の西愛知大会と三河・知多地域の東愛知大会に分かれて実施されますが、まずは西愛知大会から見ていきます

<西愛知大会の優勝予想>

西愛知大会は強豪校・有力校がひしめく激戦区です

私学4強と呼ばれる愛工大名電、享栄、中京大中京、東邦といった学校の他にも愛知啓成や至学館、愛知黎明、栄徳といった実績のある学校も多数集まっています

そんな西愛知大会の予想はこんな感じです

本命…東邦

対抗…享栄

大穴…誉

注目…愛工大名電、中京大中京、西春、栄徳、旭丘


本命はやはり東邦高校です

2017年秋季県大会で優勝、春季県大会では決勝で誉高校には敗れたものの東海大会では優勝しており、実績は申し分ないです。

そして、その東邦高校の対抗馬として享栄高校を推します

直近10年間では甲子園出場こそはないものの、名電、東邦、中京大中京と並び私学4強と呼ばれており、今年の春季県大会ではベスト4入りを果たしており数年ぶりの甲子園出場を期待したいです

大穴としては東邦高校を撃破した誉高校に期待したいです

数々の強豪校を押しのけて甲子園初出場を目指して頑張って欲しいなと期待したいです

それ以外の注目校としては私学4強のうちの二つで春季県大会で結果を残せずノーシード戦う愛工大名電と中京大中京がどこまで勝ち進むことができるかが楽しみです。

それ以外には公立の進学校で今年の春季県大会でベスト4に進出した西春や去年の夏の県大会で準優勝した栄徳、全100回の予選すべてに参加している歴史があり主将が甲子園での行進が予定されている旭丘といった学校にも注目しています。

<東愛知大会の優勝予想>

東愛知大会は西愛知大会とは違い、強豪校と呼ばれる学校が少ないため、混戦が予想されます

直近10年間では2008年の記念大会で東愛知代表として出場した大府以外甲子園への出場がないのが現状です

そのため、強豪校が西愛知大会に固まっている今回は東愛知愛知大会出場校にとって甲子園へ出場する絶好の機会です

そんな東愛知大会の優勝予想はこんな感じです

本命…豊橋中央

対抗…愛産大三河

大穴…大府

注目…豊川、桜丘、時習館


東愛知大会の本命は豊橋中央高校です

ここ数年ベスト16以上に複数回進んでおり、去年の夏の愛知県大会ではベスト4まで進出し、今年の春季県大会もベスト16まで進んでいます

独占状態の私学4強がいない東愛知大会で優勝できれば悲願の初の甲子園出場が決まります

その豊橋中央高校に対抗すると予想するのが愛産大三河です

去年の秋季県大会ではベスト4入りを果たしており、夏の県大会でもベスト16入りの常連でもあります

1996年から約20年ぶりの甲子園出場が期待されます

大穴は知多地域にある公立の強豪校大府前回の90回の記念大会では東愛知大会を制して甲子園出場を決めています

私学が強い愛知においてなかなか公立校は歯が立ちませんが、公立高校の希望として10年ぶりの甲子園出場を決めて欲しいなと思います

それ以外の注目校としては選抜の出場経験を持つ豊川や秋季県大会や春季県大会でもベスト16によく入る桜丘、旭丘と同様に第1回の予選から欠かさず出場しており主将の甲子園での行進が予定されている時習館など注目していきたいです



西愛知県大会は今日から、東愛知大会は明日から始まります

約1ヶ月近い戦いを戦い抜き最後に勝ち抜いた1校ずつが甲子園に出場できます

今年はどの学校が代表として甲子園出場するのか楽しみです

にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ
にほんブログ村


3度の手術から復活なるか 濱田達郎・203

大谷と藤浪と並び高校ビッグ3と称され2012年ドラフト会議でドラゴンズから2位指名された濱田達郎選手ですが、ここ2年投げることさえできない状態が続いています

育成契約になった2016年オフには左肘尺骨神経剥離術を受け、2017年4月にも同様に同じ手術を、そして8月には左ひじのクリーン手術を受けます

合計3度の手術を受け、復活し再び一軍のマウンドを目指す濱田投手ですが、現在リハビリは順調に進んでおり、バッティングピッチャーまで行っています。

このまま順調にいけば7月中には実戦復帰できるかと思います

2年目の2014年にOBの川上憲伸投手の登板回避から先発して完投完封勝利をしてから5勝しましたが、じん帯損傷が発覚、翌年復帰しますが1勝もできずに2016年のオフを迎えます

3年以上一軍での勝利がない濱田投手ですが、3度の手術を乗り越え復活して再び一軍で躍動する姿を期待したいです

がんばれ!濱田達郎!


リーグ戦再開!上位を目指して勝ち進もう!

約1か月ぶり、久しぶりの投稿になります

交流戦も終わり、今日から久しぶりにリーグ戦が再開です

交流戦は去年よりは振るわない成績でしたが、一度も3タテを食らわなかったのは最低限よかったのかなと思います

現在ドラゴンズは最下位ですが、ゲーム差は少なく借金を減らしていけば上位に行くことも簡単です

まずは1カードずつ勝ち越していき借金を減らしていく必要があります

野手はまずは1点でも多く点を取り、投手陣は0点に抑えることを頭の片隅に入れて戦って欲しいです

ベテラン・中堅・若手がベストを尽くして6年ぶりのAクラス入りへ頑張て欲しいです

残り78試合、一つでも多く勝てるように

頑張れ!ドラゴンズ!

にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ
にほんブログ村







ギャラリー
  • 外野のスーパーサブ工藤隆人引退へ
  • 戦力外通告始まる…
  • 戦力外通告始まる…
  • 戦力外通告始まる…
  • 戦力外通告始まる…
  • 戦力外通告始まる…
  • 戦力外通告始まる…
  • 戦力外通告始まる…
  • 戦力外通告始まる…
スポンサーリンク
お問い合わせ
お問い合わせはこちらまで
スポンサーリンク