2018年11月

将来の正捕手候補石橋がサンドラ出演!

日曜日といえばやはり若狭アナと柳沢アナがやっているサンデードラゴンズです。今日はそのサンデードラゴンズにゲストとして解説者の山田久志さんと、今年のドラフトで4位指名された石橋選手が出演しました。

現在20代前半のの若い選手は育成選手のA・マルティネス選手しかおらず、将来的にドラゴンズの正捕手としての活躍が期待されています。本人も3年目にレギュラーを取って10年目には日本を代表するような選手になりたいと語っています。古田さんや谷繁さんのような選手に育ってくれたらなとサンドラ出演を見て思いました。

ここ数年投手も野手も増えてきており、将来的に楽しみな選手がたくさんいます。全員で切磋琢磨をして競争をし、ドラゴンズを優勝へと導いて欲しいと思います。

にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ
にほんブログ村



来季の新ユニフォーム発表!

今日は年に1回の選手とファンが触れ合える機会であるファンフェスタが開催されました。今年も数多くのファンがナゴヤドームを訪れ、選手との触れ合いなどを楽しみました。

そのファンフェスタの冒頭で来季の新ユニフォームが発表されました。現行のファンクラブユニフォームと似たようなデザインで、ホームは白ベースでビジターは青ベースになっています。


個人的な印象としては松坂投手の西武時代のユニフォームと似ているような気もします。新しい体制、新しいユニフォームで心機一転優勝目指して若手も育てながら来年は戦っていって欲しいです。

頑張れ!ドラゴンズ!


にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ
にほんブログ村


戦力外・山本雅士が巨人の入団テストを受験

水曜日の13日にタマホームスタジアム築後において12球団合同のトライアウトが行われましたが、そのトライアウトを受験した山本雅士投手が巨人のジャイアンツ球場において入団テストを受験したようです。


ここ数年は怪我の影響で二軍の試合でも投げてなかった山本雅士投手ですが、入団テストで合格し新たな所属先が決まればいいなと思います。

にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ
にほんブログ村


沖縄組打ち上げ

笠原投手が勝ち投手となり、佐藤投手がピンチを作りながらもしっかりと抑え勝利に貢献した日米野球も終わりました。今回の日米野球はナゴヤドームでも試合が行われましたが、そのナゴヤドームではドラゴンズのファンフェスタが行われます。

それにともなって沖縄で行われてる一部投手陣による秋季キャンプは今日で打ち上げになります。ですが、ナゴヤ球場ではまだまだ秋季キャンプは続くため、沖縄組は残りの期間はナゴヤ球場で練習に励みます。

新体制になってさまざまな新しい試みが行われていますが、それが来季の成績に繋がることを期待したいと思います。


山本雅士と再契約するべきでは?


昨日ソフトバンクの2軍本拠地であるタマホームスタジアム筑後で12球団合同トライアウトが行われました。ドラゴンズからは一つのけじめとして受験した関マネージャーと若松投手、吉田投手、山本雅士投手が受験しました。

トライアウトの内容としては若松投手と山本雅士投手は結果を残せましたが、吉田投手と関マネージャーに関してはやや物足りない結果になりました。今後1週間をめどに獲得する意向があるチームから連絡がくる形になりますが、受験した4人に吉報が届いてほしいです。

さて、タイトルにもある通りトライアウトの結果を見て個人的には山本雅士投手と再契約するべきではと思います。一昨年のシーズンオフに怪我の影響で育成落ちしてからほとんど2軍でも投げてなかったですが、トライアウトの映像を見てもう一年チャンスをあげてもいいのかなと思いました。

正直試合で投げている姿をここ2年間見ていなかったのでここまでいい球を投げられる状態だとは思いませんでした。来季支配下に上がれるほどの結果を残せなかったらでも遅くないとも思います。

今後どのような道に進むかわかりませんが、山本雅士投手をはじめ今回トライアウトを受けた選手たちの新しい場所でも頑張ってほしいなと思います。そして、今後も応援し続けたいなと思います。

にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ
にほんブログ村

ギャラリー
  • 外野のスーパーサブ工藤隆人引退へ
  • 戦力外通告始まる…
  • 戦力外通告始まる…
  • 戦力外通告始まる…
  • 戦力外通告始まる…
  • 戦力外通告始まる…
  • 戦力外通告始まる…
  • 戦力外通告始まる…
  • 戦力外通告始まる…
スポンサーリンク
お問い合わせ
お問い合わせはこちらまで
スポンサーリンク