選手

松坂投手しばらくノースロー調整に…

アメリカの永住権取得のために一時沖縄で行われている春季キャンプを離れ渡米した松坂投手ですが、手続きだけを済ませてすぐに帰国し春季キャンプに合流しました。しかし、残念なことに右肩の違和感でしばらくノースロー調整に入るようです。

球団の公式発表によるとキャンプ中のファンサービス中にファンと接触、その際に右腕を引っ張られその後右肩に違和感を感じるようになったようです。


ファンが選手に怪我を負わせてしまうという最悪な結果になってしまいました。多くのファンが自制して選手が快適に練習をできる環境ができることを望んでいただけに非常に残念でなりません。今後ファンサービスの制限などがあるかもしれません。ファン一人一人がしっかりと自問自答し選手との関係性を改めて考えて行く必要があるのではないでしょうか。

選手のことを思う選手のことを大切に考えるファンがこれから一人でも増え、選手が快適な環境でプレーできるようになることを願います。

にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ
にほんブログ村

【昇竜復活へ】Part.6内野手レギュラー争いの台風の目となれ!溝脇隼人

ドラゴンズの春季キャンプも第二クールに入り、本格的な実戦も始まっていきます。結果によっては一軍から二軍に行く可能性もあれば、二軍から一軍にくる可能性があるのが今年の春季キャンプです。しっかりと結果を残して自分の定位置をしっかりと掴み取ってほしいなと思います。さて、期間があいてしまいましたが、昇竜復活に向けてキーマンとなる選手をピックアップして紹介していくシリーズ第六回は、今年で7年目のシーズンを迎える溝脇隼人選手です。

今年の春季キャンプは根尾フィーバーということで怪我で別調整中の根尾がいる二軍キャンプ地読谷平和の森球場には連日多くのファンが足を運んでいます。例年の倍位以上の人が足を運んでいる読谷で一軍昇格を虎視眈々と狙っているのが溝脇隼人選手です。

溝脇隼人選手は2012年ドラフト5位でドラゴンズに入団し、今年で7年目のシーズンを迎えます。俊足と堅実な守備魅力な選手で、入団以来二軍の試合で積極的に起用されてきました。一軍初出場は2014年で、2017年は開幕一軍入りを果たしプロ初本塁打を記録します。しかしその後は結果を残せず、二軍落ちをし二軍の公式戦で足を怪我して2017年シーズンは棒に振ってしまいました。

怪我から実践に復帰した去年は二軍戦でセカンドを中心に出場しそれなりの結果を残しましたが、一軍に呼ばれることはありませんでした。しかし、7年目を迎える今年は結果を残さないといけない立場になり、一軍の試合でしっかりと結果を残すことが必要です。今年は根尾選手も入団し、他の内野手陣も調子がすごく良い状態のため熾烈な内野のレギュラー争い、一軍の枠争いになりそうな雰囲気がありますが溝脇選手が内野手の一軍枠争いに加わって台風の目となればチームとしてレベルアップすることは間違いないと思っています。

昇竜復活に向けて、今年の内野手争いの台風の目となるなるような活躍を溝脇選手には期待します。

頑張れ!溝脇!

藤嶋が血行障害の症状を改善する手術を受ける

グリーンカード取得のために一時キャンプから離れていた松坂投手がアメリカから帰国し、キャンプに再合流しました。1週間ほどかかると見込んでいただけにかなり早い帰国になってよかったかなと思います。

さて現在沖縄で春季キャンプが沖縄の北谷と読谷で行われているわけですが、唯一:春季キャンプに参加できていないのが血行障害の疑いがある藤嶋投手です。沖縄キャンプ開始前に血行障害の疑いが発覚し、精密検査を受けて確定診断を受けるために名古屋に残っていました。

その藤嶋選手が血行障害を改善する手術を受けたようです。術式は昨年末同様に血行障害の改善手術を受けた鈴木翔太投手とは異なり、カテーテルを用いて血流を促す術式の手術を受けたと報道がありました。

中日藤嶋が右手血行障害を解消する手術 全治不明


カテーテルを用いた手術のため比較的回復は早いのではないかと思われますが、全治は不明とのことで非常に心配です。去年は思ってもいなかった大活躍で今年はさらなる飛躍が期待されていただけにこの離脱は非常に残念ですが、再び一軍のマウンドに戻ってこれるように頑張ってほしいなと思います。


頑張れ!藤嶋!

にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ
にほんブログ村

【昇竜復活へ】Part.5 覚醒しろ青ゴジラ!福田永将

平成から新しい元号へと変わる2019年。ドラゴンズも黄金時代を築いた岩瀬・荒木・浅尾が引退し、新しいチームへ変わろうとしています。与田新監督のもとリーグ優勝、そして日本一へ。復活のためには各選手の底上げが必要不可欠です。昇竜復活へキーマンとなる選手を取り上げるシリーズ第5回は、昨年初の規定打席に到達した選手会長福田永将選手です。

同じサードを守る周平と福田を同時に起用するためにはどうしたらいいのか。首脳陣が導き出した答えは周平のセカンドへのコンバートです。その結果昨シーズンはサード福田セカンド周平での起用がほとんどで、二人とも初の規定打席到達になりました。しかし、もの足りない成績だったことは確かです。

高卒でドラゴンズに入団した福田選手は今年で○年目です。そろそろいい加減に不動のレギュラーになってもらわないとドラゴンズの復活はまず難しいと考えています。今年は守備面でいえばやらかす回数を減らし、打撃に関してはもっと確実性を高めてたくさんホームランを打ってほしいです。

根尾選手の加入で今後内野の競争が激化することが考えられます。福田選手のパワーをしっかりとアピールし、今まで以上の結果を残して自分だけのポジションを掴み取ってほしいです。

にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ
にほんブログ村


【昇竜復活へ】Part.4 貴重な中継ぎ左腕完全復活!岡田俊哉

黄金時代を築いた選手たちが次々に引退し、新たなチームに生まれ変わろうとしているドラゴンズ。森前監督から与田新監督に代わり、首脳陣の陣容が大きく変わりました。6年連続Bクラスという不名誉な記録からの脱却に向けて動き出したドラゴンズですが、全国のドラゴンズファンはドラゴンズのリーグ優勝と日本一を待ち望んでいます。昇竜復活に向けてキーマンとなる選手を特集していくシリーズ第4回は貴重な中継ぎ左腕で、おととし血行障害の手術を受けた岡田俊哉投手です。

何らかの理由によって指先まで血液がしっかりと流れなくなる運動障害それが血行障害です。血行障害の原因にはさまざまあり、特に投手がなりやすく昨年までドラゴンズに在籍した朝倉コーチやジー投手も血行障害に悩まされました。岡田投手はWBCが行われた2017年に血行障害の症状が顕著になり、その年のシーズン中に症状の改善をする手術を行いました。

昨シーズンは手術後初の一軍登板を果たしますが、今までのような結果は残せませんでした。現状ドラゴンズの日本人選手のなかで中継ぎ左腕は非常に貴重で、支配下の選手は岡田投手と福投手の二人しかいません。今シーズンドラゴンズが上位に進出してBクラス脱却するためには岡田投手の完全復活が重要です。しかし、血行障害には完治はなく一生背負っていくことになります。血行障害を乗り越え、新しい岡田俊哉として一軍のマウンドで今年は大活躍すること期待したいと思います。

にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ
にほんブログ村



ギャラリー
  • 外野のスーパーサブ工藤隆人引退へ
  • 戦力外通告始まる…
  • 戦力外通告始まる…
  • 戦力外通告始まる…
  • 戦力外通告始まる…
  • 戦力外通告始まる…
  • 戦力外通告始まる…
  • 戦力外通告始まる…
  • 戦力外通告始まる…
スポンサーリンク
お問い合わせ
お問い合わせはこちらまで
スポンサーリンク