コラム

ドラゴンズ今季総括~投手編~

昨日の試合をもって今シーズンのドラゴンズの日程は終了しました

今年も5位という結果に終わり6年連速のBクラスです

そこで今回は今季のドラゴンズ総括の投手編をおこなっていきます


今季のドラゴンズの投手陣を総括するとやはり仕事をするべき人が仕事を全うすることができずにその穴を大きく埋めるような選手が出なかったの一言に尽きると思います

あまり期待されていなかった松坂、ガルシアの活躍がありましたが、又吉、大野、田島の不調はとても大きかったと思います

さらに飛躍が期待された小笠原、柳、鈴木翔太の伸び悩みも大きく影響したと思います

これらの計算していた人が計算はずれだったことで他の選手でなんとかやりくりするしかなく、上手く回せなかった結果が今年の順位に繋がったのだと思います

しかし、一時期の小熊の活躍や笠原の飛躍、さらに藤嶋の飛躍やルーキー鈴木博志の活躍などもあり何とか出来たところもあると思います

来季は今年結果を残せなかった人はしっかりと来季今年の分を取り返すような活躍できるように、今年ある程度結果を残せた選手は最低でも現状は維持してさらに来季は今年以上の結果を残せるようにこのオフ過ごして欲しいです

とにかくベース上でしっかりと勝負して無駄な四球は減らせるように、原点回帰守り勝つ野球ができるようにしていくことが低迷から抜け出すカギになっていくと思います



先日の代打笠原を考える

一昨日のヤクルト戦は延長の末、田島が打たれてサヨナラ負けでした

その試合で注目されたのが代打・笠原です

これにはいろいろ意見があると思いますが

個人的にはあの場面ではしょうがない采配だったかなと思います

6回7回に代打攻勢で畳みかけにいきました

作戦は成功して逆転勝ち越し後は逃げ切るだけだけでしたが、逃げ切ることができずおいつかれ逆転負け

作戦としては成功しましたが、その代償として9回の代打を送りたい場面で野手が木下と工藤のみ

延長を見据えた場合、誰かが怪我した場合や代打を送って勝負を決めたい場面に起用する選手がいないのは困ります

前日先発登板した笠原投手はベンチ入りはしていますが、通常先発登板の翌日は登板することはありません

さらに、中継ぎ投手よりも先発投手の方がバントに慣れているのを考えてみるとあの場面での代打・笠原はベストではありませんが、その場面でできる最善の一手だったのかなと思います

正直采配には正解はないと思います

将棋や囲碁のように何手先のことも考えていかないといけない頭脳戦です

最適な一手を見つけ勝利へ導くそれが監督を含めた首脳陣の役割だと思います

にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ
にほんブログ村













将来を見据えた育成を取るか目の前の勝利を取るか

昨日からGW9連戦がスタートしました

9連戦最初のカード、横浜戦の初戦です

まぁ結果は言わなくてもって感じですが

昨日の試合の一番のポイントだったのがデットボールでワンアウト1、2塁になった8回の表だと思います

球数も100球超えてきてスタミナも無くなってきたところでの勝ち越されるピンチ

打席には大和、ネクストには筒香という場面

小笠原投手には少なくとも大和は打ち取りツーアウトという形にしてほしかったです

この先の長いようで短いような野球人生の中で同じような場面は何回も遭遇すると思います

こういう場面で抑えてチームを勢いづかせるのがエースの役割であり、エースの仕事でもあると思います

小笠原投手にはそういう投手になってほしいという願いがコーチや監督の中にもあるんじゃないかなと思います

それが8回ロペスにホームランを打たれるまで投げさせた理由じゃないかなと思います

しかし、それで打たれてま負けて納得するファンは少数派ではないでしょうか

目の前の勝利を取るか

ここで我慢して使い将来同じような場面でもしっかりと抑えることができるようにするのか

どちらを選択するか難しい選択です

ですが、ドラゴンズというチームの状況を考えるとやはり若い選手を根気よく育てていくしかないです

落合政権黄金期メンバーからの世代交代が上手くできなかったツケ今きてしまっているんです

勝負をしながら選手を育てていくのは生半可なことではないです

選手もファンもここが一番の耐え時だと思います

また強いドラゴンズが見れるように若い選手達に期待したいです

がんばれ!ドラゴンズ!

がんばろう!ドラゴンズファン!

にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ
にほんブログ村




チーム低迷は森監督だけの責任ではない

ここ最近ドラゴンズが試合で負けが続くと必ずと言っていいほどTwitterなどで森監督を辞めさせるべきだという意見をよく見かける

ちょっと待って欲しい
今のドラゴンズの低迷はすべて森監督だけの責任だけではない

もちろん森監督にも責任があるが、今のチーム状況になっているのは

①健全な世代交代ができなかったこと
②ブレないドラフト戦略がない
③明確な若手選手の育成方針がない

この三つが原因だと思ってる

一番大きな原因は世代交代がうまく機能しなかったこと

本来ならベテラン選手を若手中堅選手がベンチに追いやってやるぐらいの結果を残し、ベテラン選手に肩もみして引退させるという循環ができていないといけない

しかし、ドラゴンズはそれが上手くできなかった

特に深刻なのがキャッチャーだ
落合政権から谷繁政権の半ばになるまで正捕手は谷繁の牙城だった

ポスト谷繁を担う選手が出てこなかった

ドラゴンズは直近十年間で木下拓哉、藤吉優、杉山翔太、桂衣央利、松井雅人、吉田利一、赤田龍一郎、(福田永将)、(田中大輔)と正捕手候補をドラフトで獲得してきたが誰もどっしりと正捕手の座に座ることはできていない。

捕手は扇の要ともいわれている

その扇の要がしっかりと出来ていないのが問題だ

他にも井端や荒木の二遊間コンビの牙城を崩すことができなかったこと
井端が退団した後ショートを固定できなかったこと
和田に代わるレフトの外野手候補がいなかったこと

若手や中堅の選手がチャンスをものにできずベテランからレギュラーを奪うという形ではなく、レギュラーを張っていた選手が引退してしまい空いた穴を若手中堅選手でなんとかして試合を回している感じです

これはブレないドラフト戦略がない、明確な育成方針がないにつながってくると思います

戦力が足りないから行った2014年の即戦力ドラフト
結局即戦力でとったはずの選手も即戦力にならず現在に至っています

やはりブレないドラフト戦略で選手を獲得し明確な育成方針で選手を育成してうまく世代交代をはかる

これが強いチームに必要不可欠だと思います

つまり森監督だけではなく、落合監督をはじめ髙木監督や谷繁監督、コーチ、スカウト、編成、選手全員に責任があると思います

このチーム状況を変えていくためにはまずは戦力を整えていくしかありません

そのため全権監督としての森監督の力が必要です

今シーズンとにかく先発は100球を目安に行けるところまでいかせる
中継ぎは任せたイニングはしっかりと任せる
という方針で投手陣をまわしていると思います

この方針だとやはり打たれて負ける試合がいくつかで出てきてしまいファンのフラストレーションがたまってしまいますが、若い選手を育てながらペナントを戦っていかないといけないのでしょうがないと思います。

さらに、現在コーチの育成も行っていたり森監督がドラゴンズを去っても外国人選手の獲得に困らないような体制を作ろうとしています

この体制をしっかりと完成させるまでに森監督は必要です

森監督をもし途中解任した場合、谷繁監督のようにドラゴンズとは距離を置いてしまうかもしれません

そうなってしまえば森監督の外国人の獲得ルート失ってしまいます
これは何よりもドラゴンズには何よりも痛手です

ドラゴンズがまた黄金期を迎えるためにもチームもファンも我慢して地道にチームの再建をしていくしかありません

再び黄金期を!がんばれ!ドラゴンズ!

平成の怪物は復活するのか?~松坂大輔・99~

平成の怪物と呼ばれた男松坂大輔

夏の甲子園決勝でノーヒットノーランを達成
高卒ルーキーとして西武に入団し最多勝&新人王獲得
WBCで2度のMVP獲得
日米通算164勝

絵に描いたような大投手も2011年に右ひじのトミージョン手術を行って以降
怪我に悩ませられる日々が続いています

2015年に日本球界に復帰して3年間所属したソフトバンク時代は一軍での登板は1回
その一回の登板も中継ぎでの登板で結果は平成の怪物には似つかわしくない結果でした

昨年オフにソフトバンクとの3年契約がきれ、球団は支配下登録を外しコーチとしてリハビリに専念することを提案します
しかし、松坂投手本人がこれを固辞しソフトバンクを退団する流れになりました

ソフトバンクを退団した松坂にドラゴンズが声をかけて入団テストを行うことになりました
当然、3年間まともに一軍で投げれていない松坂投手を獲得することに賛否両論ありました
しかし、キャンプやオープン戦、開幕してから去年までとは違いしっかりと投げることができています 過去3年間のことを考えると大きな一歩だと思います

あとは結果を出すだけ !
試合で勝つだけです!

多くの野球ファン
特に松坂世代に近い人たちは特に松坂投手の復活を期待していると思います

松坂投手の復活によりドラゴンズで怪我に悩まされてる投手の励みになって ドラゴンズ投手陣が盛り上がり投手王国復建へ繋がっていくとドラゴンズの未来は近いと思います
今、若い力が多い投手陣 松坂投手から様々なことを吸収してさらに成長していって欲しいです

「平成の怪物」松坂大輔復活へ
ドラゴンズの投手王国復建へ

がんばれ!松坂大輔!
がんばれ!ドラゴンズ!


にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ
にほんブログ村


ギャラリー
  • 外野のスーパーサブ工藤隆人引退へ
  • 戦力外通告始まる…
  • 戦力外通告始まる…
  • 戦力外通告始まる…
  • 戦力外通告始まる…
  • 戦力外通告始まる…
  • 戦力外通告始まる…
  • 戦力外通告始まる…
  • 戦力外通告始まる…
スポンサーリンク
お問い合わせ
お問い合わせはこちらまで
スポンサーリンク